酵素農法とは?

酵素農法とは?

麦畑

安心・安全、そして増産へ。

人間が太陽エネルギーを受けているように、植物も太陽エネルギーを受け光合成をしています。そして、その光合成を必要とする植物が人間の食料です。しかし、いつのまにか、大量栽培のため化学の力に頼った農作物が主流となり、農薬漬けの食材を当たり前のように口にするようになりました。見た目を鮮やかにするために、長持ちさせるために、気象条件に左右されないために・・・。しかし、それらは健やかな農作物だと言えるでしょうか。

酵素農法では、自然界に広く存在する酵素の触媒作用を意識的に活用し、残留農薬を分解しながら光合成の必須要素を補給します。一握りの土の中には、数億もの微生物が活動し大自然の恵みを受け、自ら生産した酵素の作用を得ながら秩序ある生態を営んでいます。この調和のとれた機能をより豊かに活性化し、そこに作用する各種の酵素の働きをより旺盛にする事が、酵素農法の本質であり、有機栽培をはるかにしのぐ「最先端の微生物活用法なのです。」